スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

Vol.20 自分の辞書から消えた言葉たち

いつぞやも別の場所(「東海・旅の足跡 2」)で書いたけれど、生きていれば、それだけ経験を積んで、自分の辞書に言葉が増えると思っていた。けれど、馬齢を重ねるうちに、失っていく(消えていく)言葉もあることを知って、僕は今、愕然として、後悔にも似た気持ちになっている。
 消えてしまった言葉たちはどこへ行ったのだろう。

 『ヨハネによる福音書』第三章八
 「風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞くが、それがどこからきて、どこへ行くかは知らない。」


 言葉は人の命と似ている。新しく生まれて、人が使い、人に使われて、時には流行語にもなり、いつかは死語になる。自分が心の底から発する(発した)言葉は、自分を映す鏡であり、自分の命と同じだ、と僕は思う。

 『ヨハネによる福音書』第一章一~四
 「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった。すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。この言に命があった。」

 僕は仏教徒で、キリスト教信者ではないけれど、最近になって、『ヨハネによる福音書』の中に出てくる言葉たちに心を強く打たれました。

  神によって、仏によって、人は、命は、生かされているのだ。与えられた命(の期限)を無駄にしないことこそが、今の僕にとっての「Stay The Young」なのかもしれない。

最近の投稿

Vol.19 長谷川公茂先生とすいとぴあ江南にて

今日は長谷川公茂先生と一緒にすいとぴあ江南へ行き、昼食はレストラン翠江亭で「吉乃御膳」を食べました。


 長谷川先生と円空さんに関する打ち合わせで、充実した時間を過ごしました。
 すいとぴあ江南は折にふれて、僕が足を運んでいるお気に入りの場所です。
 文末になってしまいましたが、すいとぴあ江南の館長様と職員のA様には、大変親切にしていただいたことから、この場を借りて、お礼申し上げます。

Vol.18 ZARA(ザラ) メンズシャツとレディースワンピース

春休みで甥っ子や姪っ子が遊びに来ていることから、一昨日は栄へ行き、昨日はmozoワンダーシティへ行き、ZARA(ザラ)の両店舗で、ショッピングでした。


 一昨日、栄の店舗で購入したのは、甥っ子が着るフリーブボタン&ストラップ付きシャツで、色はネイビーブルー(参照)。


 昨日、mozoワンダーシティの店舗で購入したのは、妹が着るメタルボタン付きワンピースで、色はライトブルー(参照)。


 僕には子どもがいないことから、他人の目から見れば、いわゆる「子連れの買い物」といった平凡なことがとても幸せに感じます。

Vol.17 自分の身体についての覚書

馬齢を重ねたことから(48歳)、自らの体型に関しての覚書を。

 身長 178センチ
 体重 52キロ
 胸囲 85センチ
 腹囲(おへその位置) 77センチ
 ウエスト 71センチ
 ヒップ 82センチ
 体脂肪率 10パーセント

 写真は僕の右上腕で、常にこうして血管の浮き出て見えるのが特徴です。


 (追記)
 最高血圧 105 mmHg
 最低血圧 58 mmHg
 脈拍 59 bpm

Vol.16 ZARA(ザラ)好きブログ メンズのオックスフォードシャツ

ブログ「Stay The Young」の中で、ZARA(ザラ)の話題は過去に3回(Vol.9、Vol.10、Vol.15)更新しており、ちょっとしたZARA(ザラ)好きブログになってしまっている。
 今回はオックスフォードシャツの話題を。
 オックスフォードシャツは春から秋にかけて、僕の定番アイテムと言うか、制服みたいなもので、着ているオックスフォードシャツの他人に与える印象が他ならぬ僕自身の印象と重なる。そして、そのオックスフォードシャツにはセンスのいい(つまり、最新の流行の)ZARAのオックスフォードシャツを選ぶことにしている。
 今現在、着ているのは春先に似合うきれいめな黄色のオックスフォードシャツ(参照)で、今日購入したのは下の写真にあるオックスフォードシャツです(参照)。


 色は全部で6種類あるのですが、ブルーグリーンをチョイスしました。雨の日に着たら、素敵かなと、そんなイメージで。

 以下は余談。
 一昨日の夜も先週と同様、下の写真にあるようにマハラジャ名古屋へ行き、楽しく踊って、気分がスッキリしました。